損保ジャパン代理店元職員、2億5千万詐取(読売新聞)

 損害保険ジャパンは22日、同社代理店の元男性職員(58)が、架空の積み立て保険の募集を装って、岐阜、愛知両県の顧客31人から総額約2億5000万円をだまし取っていたと発表した。

 元職員は、1998年に旧日産火災海上保険(現・損害保険ジャパン)に研修生として入社。2001年5月から岐阜県内で代理店経営を始め、08年7月から岐阜市内の別の代理店に勤めていた。2000年以降、顧客から金をだまし取っていたとみられる。

 3月12日に被害者から損害保険ジャパンに問い合わせがあり発覚した。被害者はその後、愛知県警に被害届を提出したという。

平城遷都1300年祭 収容力に不安 万単位“難民”どうする?(産経新聞)
共産・志位氏、米大使と初会談=普天間の国外移設求める(時事通信)
「前原vs小沢」根深い対立…高速料金再検討(読売新聞)
<訃報>堀多恵子さん96歳=作家・堀辰雄の妻(毎日新聞)
発掘調査事務所燃える=国指定の鴻臚館跡−福岡(時事通信)
[PR]
by 18dbhapvrt | 2010-04-24 07:04