24日にかけ、西日本から東日本で大雨の恐れ(読売新聞)

 前線を伴った低気圧が黄海にあって北東に進んでいるため、23日から24日にかけて、西日本から東日本までの広範囲で大雨となる見込みで、気象庁は低地での浸水や土砂災害などへの注意を呼び掛けている。

 同庁によると23日午前4時50分現在、九州では1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降っているところがある。

 24日午前6時までの24時間に予想される雨量は、九州南部・奄美地方と四国地方400ミリ、近畿南部と東海地方350ミリ、山口県を含む九州北部地方300ミリ、近畿中部200ミリ、中国地方180ミリ、沖縄地方と関東地方120ミリ、東北地方の太平洋側60ミリとなっている。

 また、寒冷前線の通過時には竜巻などの激しい突風の恐れもあるという。

自転車専用通行帯に路上駐車相次ぐ 利用者からは不満の声(産経新聞)
<警察庁>児童ポルノ根絶を訓示 少年担当課長会議で(毎日新聞)
進めパトカー、救急車 交差点「青」で時間短縮(産経新聞)
首相、北海道訪問を中止…口蹄疫や沈没事件で(読売新聞)
事故相手を車の天井に乗せ、200m逃走(読売新聞)
[PR]
by 18dbhapvrt | 2010-05-27 12:22