家族の大切さ感じて=劇「めぐみへの誓い」上演−東京(時事通信)

 横田めぐみさん=失跡当時(13)=ら北朝鮮による拉致被害者の問題を取り上げた演劇「めぐみへの誓い」が26日、東京・新宿で初日を迎えた。劇団「夜想会」による公演で、31日まで上演される。
 劇団によると、上演時間は約2時間。父滋さん(77)や母早紀江さん(73)ら家族のだんらんの場面などを交えながら、1977年11月のめぐみさん拉致から2002年9月の日朝首脳会談とその後の家族の闘いを描く。
 初日の公演に先立ち、劇団関係者と家族を演じる俳優が記者会見。滋さん役を演じる小野寺昭さんは「観客には家庭の大切さ、それが引き裂かれた悲しさ、つらさを感じてほしい。普通の父親を演じるのが一番難しいと思った」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】緊迫!朝鮮半島〜北朝鮮が韓国侵攻訓練〜
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
金元工作員「横田さんと会った」=日本政府調査で証言

検察審査会初の判断、検察起訴に大きな一石 明石歩道橋事故(産経新聞)
新型にも早く効く シオノギが抗インフル新薬(J-CASTニュース)
「1億円を4パック」石川容疑者、不自然な供述(産経新聞)
地域医療再生計画「医師会の参加が大事」−厚労省有識者会議が初会合(医療介護CBニュース)
がら〜ん 関空にゴーストカウンター 減便響き閉鎖相次ぐ(産経新聞)
[PR]
by 18dbhapvrt | 2010-02-02 11:27